コーヒー・焙煎機の質問にお答えします!

みんなの声

焙煎機について

マイコン付きの遠赤外線付きの自動焙煎機について

投稿日:

焙煎についての質問です。
初歩の頃は、ゴマ炒り器ように出来たあるコーヒー販売点のところで分けてもらって、ガスレンジの上で、焙煎していました。
色々なネット上の情報で、豆の水洗いも取り入れました。
欠点は、(水洗い後は減りましたが)豆カスの粉が飛散し、ガスの吸引ダクトに引っ付いてこばりつき、山の神の逆鱗に触れてしまいました。
仕方なく、庭にボンベのガスコンロを持ち出してやりだしましたが、風が吹くので、中々均一な焙煎が出来ず、また今年の冬は寒かったので、インターネットで色々当たって、マイコン付きの遠赤外線付きの自動焙煎機を少々高かったのですが購入いたし、焙煎をやっています。 焙煎度合いも調節出来、手間もかからず良いのですが、なんだか風味が以前の手焙煎と比べて劣っているような感じです。
遠赤外線焙煎の欠点なのでしょうか。
折角買ったので、もしフルに使うのでなく、極く初期の浅炒りにだけ使用し、後手焙煎をしょようかなどと今悩んでいます。
忌憚のないご意見をたまわりたいのですが、よろしくお願いします。

mikawanookina様より

お世話になります。

生豆の水洗いは、薄皮を取るのが目的です。豆と豆をこするように1分半ぐらいできれいに取ります(ネットなどを使います)。それから焙煎しますとほとんどチャフは燃えません。屋外での手網み焙煎は厳禁です。豆が熱くなりません。
おいしく煎るポイントの豆の水分を早く抜くこと、豆を熱くすることです。
それによってカリっと煎ることができます。
マイコン付き遠赤焙煎機は、軽く仕上がるのが特徴ですが、欠点は豆の特徴が出ずらいことです。これをなんとか解消するには、予熱を充分加え、短時間で焙煎するようにしますと豆の個性が残り、豆も熱くなりますのでおいしさが感じられます。

有り難うございました。

-焙煎機について

Copyright© みんなの声 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.