コーヒー・焙煎機の質問にお答えします!

みんなの声

生豆について

生豆の納品袋について

投稿日:

先日生豆の納品を受けました。その時の納入された袋について質問します。
5kg入りの袋は茶色のカートン袋=従来と同じなので従来通りの保管にします。
2kgいりは銀色のOPP袋でした。=密閉度が違います。同じ方法で良いのでしょうか。

質問1:生豆の湿気の抜け具合は同じとみて良いのでしょうか。新聞紙でくるみ保管していました。カビの発生もなく安心していたのですがOPP 袋だと心配です。

質問2:OPP 袋は従来の方法に比べ環境に対する負荷は同じ又は軽減されているのでしょうか。マイクロプラスティック化の心配もあります

以上、生豆以外の質問で申し訳ございません。なお生豆に関しては絶大な信頼をおいております。今後とも購入させていただきますのでよろしくお願いいたします。

小池様より

生豆のベストな保存は気温10度前後、湿度40〜50%、光が当たらない暗い場所です。
特に冬場の乾燥時期は生豆の水分が抜けないように注意が必要です。
空気に触れた状態では生豆が劣化して白くなりコーヒーの風味が弱くなります。
高品質の生豆は産地からアルミの真空パックで入荷します。綺麗なグリーンな状態が保ったまま入荷しますので鮮度抜群です。
アルミ袋は劣化を防ぎ、また夏場の湿気の侵入も防ぎます。
生豆の水分を抜く訳ではなく、水分が抜けないようにするのと、夏場の湿気の侵入を防ぐための対策袋です。
5キロ、10キロは業務用と捉えており長期保存用袋にしておりません。

-生豆について

Copyright© みんなの声 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.