焙煎について

煎り豆の日持ち(劣化)が手網は早い?

投稿日:2006年8月21日 更新日:

いつも、お世話になります。
質問とお願いを。

質問-1:16日のみんなの声にあった煎り豆の日持ち(劣化)が手網は早いというのはわかりました。300g焙煎機の場合はどうなのでしょう?  

質問-2:東京駅八重洲地下街のコーヒー専門店でブラジルを頂きました(サイフォン抽出)。香ばしさに驚きました。 あの香ばしさ(一緒に飲んでいないので、説明できていないのですが)は、焙煎テクニックで出せるのでしょうか? 300g焙煎機で試すことが出来ればと、お尋ねします。

お願い:ローストサンプルを欲しいと思っていますが、20%オフでも、チョッと高価です。出来れば、ミディアムからフレンチまでの5種類プチサンプルがあれば・・・と希望します。

M様より

お世話になります。

今回の日持ちの件でがっかりされている方が非常に多いようですが、ちょっとおかしいですね。
手網み焙煎のコーヒーを2週間も3週間も経ってから飲むのであれば、苦労して手網み焙煎などする必要はなく、市販のコーヒーで充分です。煎り立ての美味しさを楽しむために手網み焙煎を勧めていますので、1週間で飲みきるのがベストだと思っています。しかし、1週間を過ぎたからと言ってそのコーヒーが飲めない訳ではなく、あくまでも煎り立てと比べた場合の味の変化が業務用の大きい焙煎機と手網みでの比較を述べた次第です。 
300g焙煎機は煎り上がりの豆温度がかなり高く、業務用焙煎機に近い状態に仕上がりますが、排気装置がありませんので、焙煎前の薄皮の除去が必要になります。コーヒーの香ばしさはもちろん焙煎と正しい抽出で出すことが出来ます。当然、ローストもシティーからフルシティーのローストになります。詳しくはお電話ください。
ローストサンプルの件、安く販売できる方法を今後の課題として考えます。

有り難うございました。

-焙煎について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.