焙煎について

洗った生豆は、より強い火力で焙煎した方がよいのか、距離を近づけたほうがよいのか?

更新日:

お世話になっております。
今まで、生豆を強くきれいになるまで時間をかけて洗っていましたが、「あまり強くこすらないでください。」「すばやく」とあり、強くこすっていた場合と時間をかけすぎた洗浄の欠点を教えてください。
また、手編みで焙煎する場合に、洗浄した完全に乾いていない状態の生豆は、洗浄していない生豆と比べて、より強い火力で焙煎した方がよいのか、距離を近づけたほうがよいのか悩んでいます。
洗浄した生豆の焙煎について、何か注意することがあれば、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Jerry Bean様より

お世話になります。

生豆を洗いますと、チャフが燃えず、甘みが増し、香りもはっきり
感じられます。生豆を強くこすりますと豆の表面にキズがたくさん付き煎り上がりがツヤがなく、くすんでしまいます。また長時間洗いますと生豆がふやけ、味も香りも弱い豆になってしまいますので、洗いはせいぜい1分半ぐらい、洗い始めてから5分以内には焙煎をしてください。
焙煎の注意点は、はじめの5分ぐらいは遠火にして色がほとんど変わらないぐらい遠ざけ、生豆の水分を抜き、それから近づけ、煎りムラにならない程度の強火(網に近づける)で焙煎しますとカリっと美味しく煎れます。

有り難うございました。

-焙煎について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2018 All Rights Reserved.