焙煎機について

300g焙煎機のニュートラルダンパーについて

投稿日:2011年5月1日 更新日:

いつもお世話になります。多種類の生豆、他にはないためになる情報で楽しませて頂いています。

自分はワイルドさんの300g焙煎機ユーザーです。
先日の「店長のひとり言」にありましたニュートラルダンパーについて伺いたいのです。ひとり言にあったようにライターの炎をテストスプーン挿入口に当ててみました。すると焙煎工程を通して(生豆投入直後~1ハゼ)いつ試しても炎が消えてしまいます。ダンパーの閉めすぎの状況にあたり、青臭さが出るとのことでした。しかし今まで青臭さは出た事がありません。
もしかするとこのニュートラルダンパーは排気装置の付いた焙煎機のお話なのでしょうか?

もしそうであっても、そうでなくても、300g焙煎機のダンパー操作で注意する事があれば教えて頂きたいのですが。

どうぞ宜しくお願いいたします。

T.K様より

お世話になります。
先日、お話し致しました、ダンパーのニュートラルはあくまでも排気装置のある焙煎機での使い方です。300g焙煎機には排気装置がありませんのでニュートラル位置はありません。300g焙煎機の場合、火力の強弱とダンパーの開閉はある程度正比例します。火力が強い場合、ダンパーを開く、火力が弱い場合はダンパーを閉める。これが、基本ですが、最初は閉め気味、1ハゼ以降は開き気味となります。
有り難うございました。

-焙煎機について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.