焙煎機について

ディスカバリーを使った焙煎方法

更新日:

いつもお世話になっております。
下記2点をご質問させてください。

1.フジローヤルのディスカバリー(300g)を使ったウルトラマンデリンのベストな焙煎方法を教えていただけないでしょうか?

私の焙煎方法は以下の通りです。

  1. 185度で250gを投入。
  2. 中点は85度~90度
  3. 投入から1ハゼ完了までは火力1.0、ダンパ2.5
  4. 1ハゼ完了後は火力0.9、ダンパー3.5~4.0
  5. 2ハゼ開始後は火力0.8、ダンパ-4.0~4.5⑥2ハゼ開始後1分(ピチピチ音が無くなる、豆の油が出る手前くらい)で引き上げ。

大体、焙煎時間は14分30秒から15分です。

特に気になるのは「えぐみ」です。

 

2.また、火力もよく「弱く」とか「強く」といった回答がありますが、ディスカバリーでいう「弱く」と「強く」の基準数値はどの数値なのかもご教授いただけないでしょうか?
※因みに私の「弱い」は「0.6~0.7」「強い」は「1.2~1.4」だと思っているのですが、それが正しいのかどうか分かりません・・。

長文となりましたが、以上ご回答の程、宜しくお願いします!

おか様より

ディスカバリー焙煎機の焙煎として。
中点は80度から85度
100度から130度までは1分間に13度から16度の上昇
130度から1ハゼまでが10度から11度の上昇
1ハゼから2ハゼまでが8度から9度の上昇
2ハゼからは6度から7度の上昇
ダンパーはスタートから140度ぐらが2,5
140度から3,0
1ハゼから4~4,5
1ハゼ終了から3,5~4
2ハゼから4~4,5
火力は1分間の上昇スピードにあわせて決めます。
都市ガスの場合、火力設定は0,6~1,2ぐらいの範囲です。
上記のように焙煎できれば、雑味は出ません。

-焙煎機について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2019 All Rights Reserved.