焙煎について 焙煎機について

ディスカバリー焙煎機での季節による中点の調節

投稿日:

いつもお世話になっております。

ディスカバリー焙煎機での季節による中点の調節についてお尋ねします。

先日、ガス圧0.8、ダンパー3で8分間暖気運転をし、180度に到達した時点で生豆投入したのですが、中点が93度とかなり高めになってしまいました。2釜目以降はこれを踏まえて投入温度をかなり下げてみたのですが、130度の投入温度でも中点が88度でした。
季節的なことを考慮すると、冬場よりもさらに中点を下げて75~80度くらいを目指すべきなのでしょうが、うまくいきません。
やはりガス圧をもっと下げるべきなのでしょうか。その場合、どれだけ下げればカロリー不足にならずに目標の中点にすることができるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

K.H様より

1分間の上昇が冬場より高くなるようでしたらガス圧を下げます。
通常、夏場は冬場より火力を下げます。
勿論、投入温度も下げます。75〜80度に下がるまで投入温度を下げてください。
1分間の上昇温度が変わらなければ、ガス圧を下げても全く問題ありません。

-焙煎について, 焙煎機について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.