器具について 抽出について

コーヒープレスについて

投稿日:

コーヒープレスについてお尋ねします。
コーヒープレスは浸漬法の抽出器具で、お湯と挽いたコーヒー豆の接触時間を決めることによって、味をコントロールしやすいのですが、お湯の注ぎ方に諸説あるようです。
一投目を三分の一程度まで注ぎ、二十秒程おいて豆を蒸らす。その後、二投目で規定量までお湯を注ぐという方法。
これまで行ってきた方法は、お湯は全量を静かに注ぎ、軽くかき混ぜるというシンプルなやり方です。
蒸らしの有り無しによる味わいの違いは、私にはよく分からないのですが、どのようにお思いでしょうか。

HI様より

コーヒープレスでも1投目のお湯を3分の1ぐらい入れ、30秒ぐらい待ってから2投目のお湯で定量まで入れます。
最初から一気に全量を入れますと水っぽいく、まろやかなコクが出にくくなります。
プレス式の特徴はコーヒーの油分まで抽出されることです。
ドリップ式のコーヒーを飲んでいる方はこの油が浮いたコーヒーに少し抵抗を感じるのと、カップの底に微粉が残ることです。
ただ、誰が淹れても味の差が出ず、豆の特徴が出やすいのもプレス式の良い所です。

-器具について, 抽出について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2018 All Rights Reserved.