その他

コーヒー袋の選択と封入のタイミング

投稿日:

自家焙煎コーヒーを販売する場合、やはりバルブ付きのコーヒー袋に入れた方が良いでしょうか?
実は焙煎した豆をホールと粉で普通のガゼット袋に入れて熱シールドしたところ、1週間後挽いた豆は美味しかったのですが、肝心のホールの方が焦げ臭くエグくなってしまいました。
焙煎後3〜4日空気に晒した方が良かったのか、それとも反対に普通にセロテープで止めた方が良かったのか。
やはりバルブ付きが良いのか迷っています。
また賞味期限についてもアドバイスいただければと思います。
よろしくお願い致します。

ロクコ様より

結論から言ってバルブ付きの袋がベストです。
粉にした場合、一瞬でガスが放出されますが、豆は約10日間はガスが放出されます。
ゆっくりとガスが放出されるので、豆の方が日持ちします。
賞味期限は焙煎機の大きさやロースト具合で変わります。
窒素充填されたコーヒーは半年は劣化しません。
小さい焙煎機ですと2週間から3週間、業務用焙煎機の場合、約1ヶ月、業務用焙煎機で脱酸素剤が挿入されて真空パックされている場合は約3ヶ月持ちます。

-その他

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2018 All Rights Reserved.