焙煎について

暑い時期の焙煎について

投稿日:

アポロ半熱風(都市ガス)ユーザーです。

同様の質問で恐れ入りますが、「季節の温度」についてです。

同一条件(ガス圧、ブロワー、中点)で焙煎しておりますが、ここ最近の1分あたりの上昇温度数が低くなってしまいました。

生豆500g焙煎で
・中点75度
・100℃からの上昇温度数は18~19度
・ガス圧「1.0」
・ブロワー「6.0」
という条件です。

メンテナンスは30回の焙煎ごとに行なっています。

ところが最近、中点から100度までの時間が10秒ほど延び、上昇温度数が16~17度となっています。(結果的に焙煎時間が少し長いです)
味が極端に落ちたとは思いませんが、少し優しすぎるようにも感じます。

「ガス圧以外」の条件を見直そうと、ブロワーを弱めたところ上昇温度数は改善され、香りは良くなったのですが、かなり苦味が出てしまいました。
これは見た目の数字がよく見えるだけで、ガス圧とブロワーのバランスが合っていないのかと思います。

となると、中点を少し高めにとり、100度までの時間を揃えた方が、同じ過程を辿るのではないかと考えています。
あるいは中点~100度までの間ガス圧を上げるか。

長くなりましたが、店長のご見解を伺えればと思います。
よろしくお願いします。

KM様より

ガス圧はあくまでも目安です。
上昇温度を揃えるのが、正解です。
したがって火力設定を高めにします。
中点を上げてはいけません。
火力を少し上げる分中点を少し下げるのが良いです。

-焙煎について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2018 All Rights Reserved.