焙煎機について

300g焙煎機で個性の出し方

投稿日:

お世話になります。
300g焙煎機ユーザーです。初期のものでダンパや温度計・微圧計などついていません。
焙煎始めて、手網から数え、30年くらいになります。
温度と時間は計測しながら焙煎しています。
ワイルドさんの焙煎教室にもなんどか通い、お陰様でいつも美味しくいただいています。
焙煎量は300~350gほどを強火で1ハゼのピークまで、その後火力落とし、1ハゼ終了から
2ハゼ開始まで2分から3分取るようにしています。2ハゼ開始後20~30秒で終了しています。

さて、もっと豆の個性を引き出したく悩んでおります。
特にコロンビア、ガテマラなど中米系、タンザニア、ケニアなどのアフリカ系で明確に味や香りの差を表現したいです。
どんな工夫をすればよろしいでしょうか?アドバイスをよろしくお願いいたします。

moto様より

お世話になります。
300g焙煎機は排気装置がありません。
それ以上の風味や豆の個性を引き出すには排気装置が必ず必要になります。
また、羽の構造が業務用焙煎機とは違いますので限界があります。
ご了承ください。

-焙煎機について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2019 All Rights Reserved.