焙煎について

パッフィングについて

投稿日:

いつもありがとうございます。

焙煎したコーヒー豆を、もう少し膨らませたいと思った時は、焙煎時のどのあたりに気を配ると良い結果が出そうでしょうか?

豆の前半に強火、 中盤に強火、
あるいは、全工程で一定の火力の方が良い
など、そういった所での差異はあるものでしょうか?

一般的な1キロ直火の焙煎機で、半熱風などと比較すればガバガバの状態です。
たくさん投入した方が豆は熱くなると思うのですが、少量の方が豆にかかるカロリーは高いと思いますので、このあたりでも影響はあるものでしょうか?

あまにが様より

豆を膨らませるということは、豆を柔らかくすると言う事です。
いつも言うことですが、青い生豆が均一に白くなり、均一に薄い黄色になることが第一条件です。
煎りムラにならない最大火力ですが、排気とのバランスを取らなくてはなりません。
下から来る熱と引っ張る排気のバランスが合っていなくてはなりません。
もう一点、1ハゼがしっかり来ること、1ハゼが終わったらシリンダーにチャフが残らないことです。
当然、1ハゼ手前や1ハゼの最中に火力は絞りません。
1ハゼ後は火力を絞りますが、あくまでも排気とのバランスが重要です。
このバランスが合っていればふっくらと豆が柔らかくなり、日持ちの長いコーヒーに仕上がります。
全行程が重要で一部分だけの修正ではできません。
1kg釜なら500gから800gでの焙煎が適正です。

-焙煎について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2019 All Rights Reserved.