その他 焙煎について

長期出張などの時の保管、賞味期限について

更新日:

焙煎豆の保管方法についてですが、長期出張で、やっぱり自分で手網焙煎した豆で飲みたい時、どのように保管して持っていけばよいでしょうか。出張先には事情(海外なので)があり、外で焙煎できません。ミルは持っていけそうです。出張は2、3ヶ月のときもあります。手法と限度(賞味期限)を教えてください。

ほんだ様より

お世話になります。

手網み焙煎で美味しく飲めるのは2週間、その後、味は落ちますが劣化した、いやな味になるのが1ヶ月から1ヶ月半ぐらいです。
焙煎機で焙煎した豆と比べ、劣化スピードは早くなります。これは、水分の抜けの違いで、煎り上がりの豆の熱さが、手網みより焙煎機の方が熱くなり、また焙煎量が多くなればもっと熱くなり、より水分含有量が少なくなりますので日持ちが良くなります。
煎り豆を長く保存するには、絶対に空気に触れさせないことです。
ある程度ガス抜きしたら小分けに密封し、暗い温度差のない場所に保管します。
冷凍庫、冷蔵庫などで保管すれば日持ちが長くなります。また、ミルで挽く場合も手回しならゆっくりと香りが出ないように挽きます。(細胞がつぶれなければ、液体の香りが良い)電動なら、すべてスタンバイしてから素早く挽いて、素早く抽出しますと香りが良いです。

有り難うございました。

-その他, 焙煎について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2019 All Rights Reserved.