焙煎について 生豆について

初心者でも比較的焼き易い豆はどれになりますでしょうか?

更新日:

つい最近手網で焙煎をするようになった焙煎初心者です。
ずっとブラジル・サントスNo.2を焼いて飲んでいるのですが、ちょっと違う豆も焼いてみたくなりました。
そこで質問なのですが、貴店で販売されているもので初心者でも比較的焼き易い豆はどれになりますでしょうか?
尚、焙煎にはゴマ煎り用の目の細かい手網(φ16cm程度)のものを使用し、1回に焼く量は50g~80g程度です。
恐れ入りますが、ご教授くださいませ。
よろしくお願いいたします。

ビギナー様より

お世話になります。

コーヒー生豆は低級品から最高級品まで価格が分かれます。
インスタントコーヒーなどの工業品からネットオークションなどのほんの一部の人しか買えない豆までさまざまです。
高い順から分類しますと、頂点はカップオブエクセレンス、スペシャルティコーヒー、プレミアムコーヒー、スタンダードコーヒー、トリアージュコーヒーとなります。
ブラジルサントスNO2はスタンダードコーヒーで一番普及しているコーヒーです。
手網みはその豆の特徴がはっきり出ますから、良い豆はおいしく、悪い豆は悪いなりに素直に出ます。煎りやすい豆とは、水分が飛んで、枯れた生豆です。弱火でも芯残りが少なく、きれいに仕上がりますが味も香りも弱いのが欠点です。当店には、煎りやすい枯れた豆はありません。青くみずずしい生豆は香り、風味がすばらしく上手く煎ると何杯でも飲みたくなります。青い豆だからむずかしいわけではなく、大きなコンロがあれば、問題ありません。網が16センチならコンロも16センチ以上ほしいです。
それを遠火の強火で最短8分、最長15分を目安で煎ってください。
お勧めは、イルガチョフG-1、ガテマラ全般などをお勧めします。上手に煎ると香り、甘みがはっきり出ますので焙煎が正しいか間違っているか、わかりますので焙煎が進歩します。

有り難うございました。

-焙煎について, 生豆について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2020 All Rights Reserved.