焙煎について

アルミフォイルで包み箸で空気穴をあけるやり方を試したところばっちりでした

更新日:

趣味で自家焙煎やりだして1年、この”みんなの声”をしっかり読んでいればもっと早く上達したと思います。最近やっと香りが立ったコーヒーが煎れだしました。火力も普通のガスコンロなので今まで火力不足と寒気が入り香りが出なかった事分かりました。
このコラムに書き込んであったアルミフォイルで包み箸で空気穴をあけるやり方を試したところばっちりでした。但し近づけすぎると焦げるので注意が必要ですが浅入りでもしっかり豆が膨らみ豆のそれぞれの特徴が出るようになりました。今後網では限界もありましょうが改善しつつ素人らしく押し通そうと思っております。
コーヒー通の友人にもきっと満足してくれるものと確信しております。ありがとうございました。

細見様より

お世話になります。

手網み焙煎は焙煎の基本が分かり、上手に煎ればシワが伸び、豆が柔らかくカリっと煎ることができます。焙煎は生豆に熱を加え続けしっかりハジかせ豆の表面のシワを伸ばし、豆を熱くさせればすっきりしたコーヒーに変化します。
熱を中断させたり、冷気が入ったりしますと、芯残りやエグミなどのまずいコーヒーに変化してしまいます。網やシリンダーを熱がすっぽりと覆い続ければ結果は歴然で、エグミ、渋みは消えます。おいしいコーヒーは豆の中に空洞がたくさん出来ます。噛んだ時にカリっとするのは空洞の多い豆で、これが鮮度を保ち、香りが閉じ込められ、泡立ちの良いコーヒーになります。
手網み焙煎、頑張ってください。

有り難うございました。

-焙煎について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2020 All Rights Reserved.