焙煎について

「ケニア/AAキリニャガ」をフルシティで焙煎しました(1)

更新日:

こんにちは。

いつも良質な生豆をありがとうございます。
今回「ケニア/AAキリニャガ」をフルシティで焙煎しました。

焙煎機は、ユニオンサンプルロースター
(450gパンチング穴付き)です。
焙煎量は、250g。
コンロは、2800kcalのカセットコンロです。
焙煎度は、フルシティ。

まず生豆を水洗いします。
1ハゼまで火力最大で焙煎
ロースター回転速度は、60回転/min
1ハゼが14.5~16.5分
2ハゼが19.5~20.5分
1ハゼ開始までアルミ箔でロースター覆います。

この状態で焙煎した結果からの質問です。

  1. ガス抜きで一日置いておくとパチッとハゼる時がある。
  2. 1日置いて飲んでみた所、シトラスの様な香味がある。
    この豆の特徴なのでしょうか?
  3. ハゼが来るのが遅い

↑の理由から1ハゼまで火力最大で焙煎します。
前回、行った「タンザニアAAAルブーマ」でも同様の症状が出ました。
ガテマラ、ハワイコナ、コロンビア、ブラジル等だとワイルド珈琲さんの推奨している通りの時間で焙煎できるのですが・・・・。
火力不足でしょうか?
味の抜けは、ありません。

長々と書いてしまって申し訳ありません。
ご回答よろしくお願い致します。

U-DAY様より

お世話になります。

  1. ケニアやタンザニアなどの大粒豆によく起こる現象です。
    パチッとハゼて貝殻豆になっています。
  2. はケニアは香りが強い豆ですのでロースト具合によっていろいろな香味がでます。
  3. 肉厚豆の場合、特にケニアは1ハゼピークぐらいから1分間の上昇温度が極端に少なくなります。つまり2ハゼまでの時間が長くなります。火力が最大で1ハゼまでの時間が15分前後は少し長過ぎます。もう少し熱効率が良くなる工夫が必要です。

有り難うございました。

-焙煎について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2018 All Rights Reserved.