焙煎機について

加熱温度と時間をコントロールできる電気の熱風式焙煎機を使用し、設定温度、焙煎温度、排気温度等のログを記録しております。 

更新日:

いつも参考にさせていただいております。

加熱温度と時間をコントロールできる電気の熱風式焙煎機を使用し、設定温度、焙煎温度、排気温度等のログを記録しております。

焙煎機の焙煎温度のセンサーは熱風の出口付近にあるため、加熱温度を表示しているものと思います。
排気温度は、排気口にデジタル温度計を差し込み計測しています。

そこでご教示頂きたいのですが、

  1. 焙煎温度と排気温度は、おおよそ 20~10℃くらいの差で推移しておりますが、豆自体の温度はどのように推移していると理解すれば宜しいでしょうか?
  2. 1ハゼや2ハゼの発生には、おおよその決まった豆自体の温度があるものなのでしょうか?
  3. 理想的な焙煎温度や排気温度の推移といったものがあれば教えて下さい。

以上、宜しくお願い致します。

BlueMoon様より

お世話になります。

通常、業務用焙煎機は排気温度と豆温度があります。
排気温度はシリンダーのすぐ上に取り付けられているダクト内を計り、豆温度はシリンダーの中に設置された温度計でシリンダー内の温度を計測します。排気温度は火力の調整で上げ下げがありますが、豆温度は上昇し続けます。豆温度は同じ温度で1ハゼ、2ハゼがきます。
1分間の上昇スピードが何度なのか、薄い黄色までの時間を揃え、1ハゼまでの時間を揃えることによって焙煎を自在にコントロールできます。

有り難うございました。

-焙煎機について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2020 All Rights Reserved.