焙煎について

3日目くらいになると風味はほとんどなくなり、生臭くなることも多いです。これは焙煎に原因があるのでしょうか。

投稿日:

お世話様です。手網焙煎まだ10回程度の初心者です。いつも参考にさせていただいております。
手網で焙煎した豆は日持ちがしないことは理解しておりますが、自分の場合、煎った後4~5時間ほどが最も香りも味も豊かで、その後は徐々に風味が消えていきます。初日よりも2日目の方が明らかに香りが薄く、3日目くらいになると風味はほとんどなくなり、生臭くなることも多いです。これは焙煎に原因があるのでしょうか。それともおおむねこのようなものでしょうか。ちなみに青臭くなる失敗ははじめのうちはありましたが、最近はありません。味の方は徐々に満足できるものになりつつあります(まだまだとは思いますが)。保存はジップロックもしくは小さめのガラス瓶に入れて、極力空気は入らないようにしています。

焙煎時間;おおむね15分程度、2ハゼ開始後15~30秒程度で煎り止めてすぐ冷却しています。
1ハゼの時間;10~11分から2分程度です。
コンロのガス径;コンロの径は7cm、炎の径は11cm程度です。
網の直径;16cmで100~120gを焙煎しています。
ダンパー;天坂さんの本を参考にアルミホイルで作成、1ハゼまでは閉めて、その後は1/2開けたり、その時々で工夫しています。
よろしくお願いします。

GTR様より

お世話になります。

焙煎時間が少し長いですので、火力が少し弱いです。
特に1ハゼまでの時間を8分から10分までにしてください。
火力は全開で網の高さで調整します。全開の火力は熱のカーテンが出来ます。全体の時間も少し短めにして、最初のダンパーももう少し開いてください。香りが良くなります。

有り難うございました。

-焙煎について

Copyright© みんなの声/コーヒーの質問にお答えします! , 2019 All Rights Reserved.