コーヒー・焙煎機の質問にお答えします!

みんなの声

生豆について

生豆を水洗いしても、焙煎してみてチャフはさほど減っていないように感じます

投稿日:

生豆の水洗いについて、焙煎時にチャフの量を減らしチャフなどが燃えて燻されることを軽減することと理解していますが、焙煎してみてチャフはさほど減っていないように感じます。
じっくり豆を研ぐように洗えばかなり取れるのかも知れませんが、その分ふやけてしまいます。
焙煎教室でも生豆の洗いはごしごし洗わないようにと教えられていますが、洗うことの意味合いは、第一に味に影響を及ぼすような汚れをとる。チャフについては焙煎の早い段階で取れやすくする。ということなのでしょうか?
参考までに、私の洗い方は、ネットに入れてサッと洗い、そのまま手回しの遠心分離機に入れて水分を飛ばしています。遠心分離機とはサラダ野菜の水気を飛ばすもので500円程度で購入できます。洗いの時間が大幅に短縮されます。

todo様より

お世話になります。

焙煎教室で豆の洗い方を教えましたが、汚れと薄皮を取り除く作業ですので薄皮が取れなければ意味がありません。ネットに生豆を入れ、豆と豆をこするように洗います。この時、力を入れてごしごし洗うと豆の表面にキズが付き、味が弱くなりますので、力を入れずに豆の表面を豆同士で素早く、こすりながら薄皮を取ります。生豆を洗う意識より薄皮を取り除く意識を持って洗ってください。
洗いは1分半ぐらいで済ませ、軽く水気を取ったらすぐ焙煎してください。洗いから焙煎まで5分以内で、これでほとんど焙煎時にチャフは出ません。

有り難うございました。

-生豆について

Copyright© みんなの声 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.